三次元原体照射

三次元原体照射(3D-CRT) は、照射される放射線の形を腫瘍の形に合わせることで、正常な細胞への被爆を最小限度に抑えようと言う治療法です。見る方向により、変化する腫瘍の当映像に合わせ、放射線の形も変化させながら照射します。

三次元原体照射 により、不整形をした腫瘍の形に合わせた線量分布の作成が可能となりましたが、正常細胞が腫瘍に食い込むような形をしていたら、腫瘍を貫く様に正常細胞がある場合、正常細胞を避けて放射線を照射することは難しいと言う欠点があります。
この欠点を克服した治療法として、強度変調放射線治療 (IMRT)があります。

強度変調放射線治療 の登場により、三次元原体照射 は一般的ではない治療法になっています。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする