腹膜

腹膜(peritoneum: ふくまく)は、胃 や 肝臓 と言った腹部ふくぶにある 臓器 の全体または一部をおおう薄い半透明のまくのことで、胸膜きょうまく, 心膜しんまく とともに 漿膜しょうまく に分類されます。
腹膜 ふくまくの内側 のこと、腹膜腔ふくまくくう と呼びます。腹部 に存在する 臓器 は、腹腔ふくくう と言う領域に存在し、腹膜腔ふくまくくう は、腹腔ふくくう の中に存在する、と言う関係にあります。

胃(噴門ふんもん, 幽門ゆうもん, 胃, 小網しょうもう, 大網たいもう), 小腸しょうちょう(空腸くうちょう(十二指腸じゅうにしちょう の一部, 腸間膜小腸ちょうかんまくしょうちょう), 回腸かいちょう), 結腸けっちょうの一部(横行結腸おうこうけっちょう, S状結腸えすじょうけっきょう), 脾臓ひぞう, 卵巣らんそう, 卵管らんかん, 虫垂にゅうすい は、完全に腹膜ふくまくおおわれています。
肝臓かんぞう, 膀胱ぼうこう, 子宮しきゅう, 直腸ちょくちょう, 盲腸もうちょう, 上行結腸じょうこうけっちょう, 下行結腸かこうけっちょう は、部分的に腹膜ふくまくおおわれています。
腎臓じんぞう, 副腎ふくじん, 十二指腸じゅうにしちょう の一部, 膵臓,すいぞう尿管にょうかん, 下大静脈かだいじょうみゃく, 大動脈だいどうみゃく は、腹膜ふくまく にはおおわれておらず、腹膜ふくまく の後ろにある、後腹壁こうふくへき に存在しています。

腹膜内臓器
胃(噴門ふんもん, 幽門ゆうもん, 胃, 小網しょうもう, 大網たいもう), 小腸しょうちょう(空腸くうちょう(十二指腸じゅうにしちょう の一部, 腸間膜小腸ちょうかんまくしょうちょう), 回腸かいちょう), 結腸けっちょうの一部(横行結腸おうこうけっちょう, S状結腸えすじょうけっきょう), 脾臓ひぞう, 卵巣らんそう, 卵管らんかん, 虫垂にゅうすい
半腹膜内臓器
肝臓かんぞう, 膀胱ぼうこう, 子宮しきゅう, 直腸ちょくちょう, 盲腸もうちょう, 上行結腸じょうこうけっちょう, 下行結腸かこうけっちょう
腹膜後臓器
腎臓じんぞう, 副腎ふくじん, 十二指腸じゅうにしちょう の一部, 膵臓,すいぞう尿管にょうかん, 下大静脈かだいじょうみゃく, 大動脈だいどうみゃく

腹膜ふくまく に包まれている臓器が、原発巣げんぱつそうがん が、腹膜ふくまく転移てんい する事を、腹膜播種ふくまくはしゅ と呼びます。また、胸膜きょうまく など他の領域へ 転移てんい する事を、播種性転移はしゅせいてんい と呼びます。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする