がん悪液質

がん悪液質(Cancer cachexia: がんあくえきしつ)とは、がん の進行に伴い、脂肪組織 と 骨格筋 の両方が消耗する病態のことを言います。
がん罹患りかんしていなくても、様々な要因により、脂肪組織 と 骨格筋 の両方が消耗することがあります。この様な状態のことを、『悪液質』と呼びます。この『悪液質』の状態の要因が がん にある場合に『がん悪液質』と呼びます。

がん悪液質 に陥ると、通常の 栄養サポート では完全に回復するこができず、身体の様々な機能に 機能障害 が継続的に発生すると言われています。

がん悪液質 は 飢餓きが状態 にも似ている様に思われることがありますが、がん悪液質 では
安静時のエネルギー消費も亢進こうしんするなどの違いがあります。

がん悪液質 に陥ると、QOL が低下するばかりではなく、心理面 への大きな影響を与えてしまいます。特に、がん の進行が早い時期や、末期になるとその影響は大きくなると言われています。

がん悪液質 の状態にある人は、進行がん の 80% に見られ、体重減少 と 食欲不振 と言う典型的な症状に加え、化学療法 の効果の減弱, 副作用 や 治療中断の増加、さらに 生存率 の低下にまで影響を及ぼします。
特に、進行がん 患者の体重減少は、予後 の悪化に直結しやすく、注意が必要と言われています。

資料 1 : 飢餓と悪液質との違い
飢餓状態
悪液質
体重
減少
減少
脂肪組織
減少
減少
骨格筋
維持
減少
炎症たんぱく質の合成
維持
増加
安静時エネルギー消費量
減少
増加
資料 2 : 体重減少に伴う、予後の影響
資料 2-1 : 体重減少率(%)とBMI(kg/m2)との関係
28以上
25~28
22~25
20~22
20以下
2.5%以下
0
0
1
1
2
6%以下
1
2
2
2
3
11%以下
2
3
3
3
4
15%以下
3
3
3
4
4
15%以上
3
4
4
4
4
縦軸: 体重減少率(%), 横軸: BMI(kg/m2) から、悪液質のグレードを算出。悪液質のグレードと、生存(余命)期間中央値 表を使用し、生存(余命)期間中央値 を算出する。
資料 2-2 : 悪液質のグレードと、生存(余命)期間中央値
悪液質のグレード
生存期間中央値
0
21ヶ月
1
15ヶ月
2
11ヶ月
3
8ヶ月
4
4ヶ月
悪液質に陥っている場合、悪液質のグレードに応じ、生存期間中央値が見られる。
« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする