分子標的治療

分子標的治療(molecularly-targeted therapy)は、ある特定の分子を標的として、その機能を制御することにより治療する療法のこと。
正常細胞と、がん 細胞を、ゲノム レベル, 分子 レベルで解析し、がん の増殖や転移に必要な分子を特異的に抑え込む治療法。正常細胞を傷つける事なく治療を行えるメリットがある。
多くの場合、手術不能 がん 患者へ投与される。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする