補体

補体(complement)は、免疫機能の中で活性化されて働くタンパク質です。免疫の働きを助ける役割があり、細菌への攻撃に関わっています。

補体には9つの種類があり、C1, C2, C3 … C9と言う番号がついています。また、C1 には C1q, C1r、C3 には C3a, C3b といった様に、より細かな種類に分けられています。
補体単体では意味を持ちませんが、複数の種類の補体が連鎖的に活動することで、様々な動作を生み出します。

  • 補体には様々な機能がありますが、抗原 に 抗体 が取り付いた時、補体 も取り付くと、貪食 細胞の貪食力が増します。これを、オプソニン化 と呼びます。
  • 細菌に穴を開け、活性化した補体が細胞法に取り付き、免疫溶菌反応 を起こし細菌を示すさせます。
  • マスト細胞(肥満細胞)や 好塩基球 を活性化させ、ヒスタミン を放出させる事で、炎症反応 を促進します。

補体には、他にも多くの役割があります。

« Back to Glossary Index

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする