在宅ホスピスと言う選択

在宅ホスピスと言う選択

最後をどう迎えるのか?

多くの場合、がん患者は強い痛みや、不安, 不快感などを抱えた状態から、意識レベルが落ちるなどして、最期の時を迎えることになります。
特に、痛みのコントロールは他の病気とは異なる、特異的な医療的介入になる事でしょう。

多くの場合、がん患者は病院で最期の時を迎えます。また、がんと言う病気は、多くの場合高齢になってから発症しやすい病気であるため、介護施設で最期を迎える場合も多い様です。

医療の進歩に伴い、相対的にがんに罹患する患者の数が増えると共に、『最期をどの様に迎えるのか?』も多様化が進んでいるそうです。
以前よりも多く、『最期は自宅で、家族に囲まれて迎えたい。』と希望するがん患者も増えていて、その様な患者の希望を支える体制も充実しつつある様になってきました。

在宅ホスピス

自宅で最期を迎えたいと望むがん患者に寄り添う存在として、『在宅ホスピス』に着目する人が増えていると言います。

がん患者特有の痛みや不安感, 不快感をサポートすると共に、患者の介護を行う家族に寄り添い、家族の身体的, 精神的負担や不安に積極的に介在すると言う意味で、一般的な医療機関より、より家族よりに動ける存在として『在宅ホスピス』が機能する場合が多い様です。
ただ、残念ながら都心部を中心に、在宅ホスピスの数は不足気味で、患者や家族の希望を叶えるところまで到達していないのが現実の様です。

そのため、『最期は自宅で』と言う希望があるのであれば、対応する医療機関を探したり、ヘルパーさんを探すなどの十分な時間的余裕が必要であったり、そもそも自宅での介護が可能であるのか?など、家族の都合や心構えを確認する必要も出てきます。
経済的な負担と、患者, 家族それぞれの満足度のバランスを考慮するなどの必要性も出てくるでしょう。

在宅ホスピスを探す

在宅ホスピスの情報を取りまとめる存在として、日本在宅ホスピス協会と言う組織があります。
この組織のページから、この組織が認証した在宅ホスピスを行う医療機関を調べる事ができます。ご覧頂ければわかる事ですが、認定組織の数は極めて少なく、多くのがん患者が在宅ホスピスを選択する事の難しさを感じてしまいます。

在宅ホスピス』だけに着目した団体ではありませんが、特定非営利活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会でも、在宅ホスピスの情報を取り扱っています。

もちろん、この組織に加入していなくても、在宅ホスピスやそれに準じた医療行為を行う医療機関も存在する様ですが、十分に信頼できる様な医療機関を探し出したいと思った時に、戸惑ってしまう方も多いのでは無いかと感じてしまいます。

病院と家庭との比較

がん患者が、家庭で最期を迎えると考えた時に、医療機関や介護施設, 家庭とではどの様な違いがあるのか、簡単に比較してみました。

比較項目 病院, 介護施設 家庭
プライバシー 個室では確保されている 確保されている
家族との時間 制限がある いつも一緒
食事のメニュー 病院食, 介護食が中心 自由に選べる
家族への負担 少ない 大きい
介護者 看護師, 介護職, 家族 家族, ヘルパー
医療行為 医師, 看護師 家族も担う
死亡時 医師が立ち会う 家族が看取ることが多い

患者本人の満足度と共に、家族が受ける精神的, 肉体的負担を十分に考慮に入れる。と言う事だろうと思います。
また、経済的負担と患者本人, 家族それぞれの満足度との比較も大切な要素なのだろうと思われます。

まとめ

がん患者が、最期の時を家庭で過ごしたいと考えた時、一つの方法論として『在宅ホスピス』と言う選択肢がある事。また、それを選択するためには、十分な時間的余裕が必要である事。
在宅介護を行うために、家族の協力が得られるのか?適度な負担の分散を行う事ができるのか?
経済的な負担と、患者, 家族それぞれの満足度のバランスを取るために、どの様な選択をする事が現実的なのか。

その様な事を考える切っ掛けとなれば幸いです。

また、患者が選択できる幅が広がり、それが現実的な社会となる様に、今後も様々な可能性が広がって行けば。と願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする