がん研究者が心の底から「標準治療を選んで!」と訴える理由

ネットや書籍を鵜呑みにしない

ネットで、がん の治療について調べてみると、本当に大量の情報をえる事ができます。その中には、標準治療 を否定し、独自の治療法や現在開発中の治療法を勧める様なものも良くみかけます。
市販されている、がん 関連の書籍の大半とまでは言わないまでも、かなりの数が同様に標準治療 以外の治療を勧めるものです。

標準治療 こそ1番確実な治療法だと信じて疑うことの無い僕のような人がみると、本当にびっくりしてしまいます。
標準治療 では、十分な結果をだす事が出来なかった人などが、奇跡的に治ったと言う情報を掲載した物が多く、同様に 標準治療 では十分な結果をだすことが出来なかった患者さんにとっては、藁をもすがるような思いなのかも知れません。

がん専門医が語る「代替治療 のみ」の明白な危険

中には、標準治療 を一切受けづに、代替治療 のみで がん を治療しようとする人もいます。有名な人では、アップル創業者のスティーブ・ジョブズなどが頭によぎることでしょう。(実際には、手術 を受けているらしいので、この事例には該当しませんが。)

アメリカ で 標準治療 を拒否し 代替治療 のみを受けた患者について、分析した雑誌があるそうです。それによると、代替治療 のみを受けていた人たちは、標準治療 のみを受けていた人たちに比べ、早い時期から死亡率が増えていることが分かったそうです。

一言に、代替治療 と言ってもさまざまな物があるので、単純に比較することは難しいとは思いますが、この時点で、代替治療 のみに頼る治療がいかに危険なのかが分かってきます。

+α の場合には?

では、標準治療 を受けつつ、+α で 代替治療 を受けた人たちはどうだったのでしょうか?おそらく、多くの がん 患者にとって、1番関心が高い統計結果だと思います。

アメリカで、1032例の 標準治療 のみを受けた患者と、258例の 標準治療代替治療 も受けた患者との、治療成績を比較した論文があるそうです。

その結果からは、標準治療 のみを受けていた患者の方が、若干 生存率 が高い数値になった。というものでした。
ここでも、実際に受けていた 代替治療 がどの様な物なのかが、とても気になります。

この論文によると、標準治療代替治療 の両方を受けた人の多くが、標準治療 の一部を拒否し、その代わりに 代替治療 を受けていた。と言う事です。
この結果からは、標準治療 を拒否しない方が成績は良い可能性が高いらし。と言う事がわかってきます。

日本で人気の高い、温熱療法, 温泉療養 などはどうなのでしょう。また、鍼灸治療 なども日本人には馴染み深く、取り組んでいる方も多いと聞きます。
標準治療 の一部を拒否するのではなく、標準治療をしっかりと受けた上で、温熱療法, 温泉療養 を加えた時の成績はどの様に変化するのでしょう。

その様な研究をされている研究者さんが居られるのかも知りませんが、その様なデータも非常に気になるところです。

標準治療は叡智の結晶

標準治療 は、多くの時間と莫大な患者さんでの検討を経て導き出された叡智えいちの結晶だ。と言う事を改めて理解することが出来ます。

しかも、日本においては 保険診療 もあり、自己負担も最小限度に抑えられています。これほど恵まれたことは無いのかも知れません。

日本で取り組みれている 標準治療 は、世界保健機関WHOでも、アメリカの国立がん研究所NCIでも、科学的根拠に基づいて選択された治療法で、現時点で最良の治療法です。

「いいね!」に注意

標準治療 を行っていても、残念ながら亡くなる方はいます。しかし、少なくても 代替治療 を組み合わせるよりも、標準治療 のみ治療の方が成績が良い事は、各種論文からも分かっています。

それでも、ネットや書籍には、標準治療 以外の治療法が紹介されていますし、今後もその傾向は変わらないでしょう。
標準治療 が最良の治療法なのだ。と言う事を信じている人は、不用意に、標準治療 以外の治療に「いいね!」をつけるべきでは無い。と著者は論じています。

あなたのクリック一つで行われる拡散の積み重ねが、多くのがん患者さんを実際に苦しめて、命を奪うことすらあるからです。

どの様に感じるのか。もう一度良く考えてみるべきなのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする