がんの療養とリハビリテーション

がんのリハビリ

あまり馴染みが無い概念であろうと思いますが、『がんのリハビリ』と言う概念があります。

ここで言う『リハビリ』とは、脳障害などの障害の緩和のために行うリハビリテーションと全く同じものです。その人の症状や状態、目的に併せて必要なリハビリメニューを組んで、運動などを行う様に、がん患者に対しても、その症状や状態、目的に併せた運動などのリハビリを行います。

一般的なリハビリとの大きな違いは、予防的リハビリに重点が置かれていると言う事です。

がんのリハビリビリへの取り組み

既に、欧米を中心に がんのリハビリ の必要性は認められており、標準治療 として加えるべきである。と言う議論もあります。

がんのリハビリは、がんの治療と平行して行うことが望まれるため、治療を担当する医師, 看護師などの他に、リハビリを担当するリハビリ医, リハビリスタッフ(理学療法士,  作業療法士, 言語聴覚士 など)が十分にコミュニケーションを図り、リハビリ計画を共用することが望まれています。

残念ながら、日本ではこの分野への取り組みはまだ十分な物ではなく、この様な体制を整備している医療機関は少ないのが現状です。

お住まいの近くで、がんのリハビリに取り組んでいる病院を探したい場合には、がん診療連携拠点病院に併設されている、がん情報サービスの相談支援センターなどに問い合わせることで探す方法などがあります。

がんリハビリの必要性

がん は、がん そのものや、治療に伴う副作用, 後遺症により、患者さんは、さまざまな身体的, 心理的な障害を受けます。
痛みや食欲不振, 息苦しさ, だるさなどによって、寝たきりになってしまう場合も多く、それが元で 廃用症候群はいようしょうこうぐん になってしまう場合もあります。

多くの場合、「がんになったのだから、仕方がない」と諦めがちですが、適切な量と質の運動を行うことで、この言った障害に対抗し、QOL の維持を測ろうと言うのが、がんのリハビリ です。

また、がんのリハビリ は治療と平行して行わられるため、美容上の変化をはじめ、あらゆる状態に対応することが可能です。
治療のどの段階においても、それぞれのリハビリの役割があり、患者さんが自分らしく生きるためのサポートを行っていきます。

予防的リハビリ

手術療法, 化学療法, 放射線治療 と言った治療を行う前に、計画的にリハビリを行います。これを、予防的リハビリと呼びます。

がん と診断された後、早い時期から開始されるもので、手術療法, 放射線治療 などが始まる前、あるいは実施された直後から行うことで、治療に伴う合併症や後遺症などを予防することを目的としています。

手術療法 においては、早期離床 の必要性を術前から理解することができ、術後の身体が辛い時期にも、積極的なリバビリに結びつけることができることが分かっています。
また、術前にリハビリスタッフから、後遺症の程度や社会復帰に対する見込みを聞くことができるため、不安の軽減にも繋がります。

術後のリハビリ

術後、可能な限り早期にリハビリを開始する事ができることにより、後遺症を最小限度に抑え、スムーズな術後回復を図ることを目指すことができます。

がんのリハビリ』の概念が導入されていない場合、合併症などの問題が起こってからリハビリを行うため、リハビリ期間が長期に及んだり、十分な回復が得られない場合がありました。

術前から、積極的にリハビリを行っている場合、合併症を引き起こす可能性を軽減すると共に、早期回復, 早期退院を可能にしやすくする。と言うメリットに繋がります。

呼吸リハビリ

特に、開胸, 開腹手術を行うと、痛みや麻酔の影響から、呼吸が浅くなり、痰がうまく出せず、肺の奥にたまりやすくなるため、肺炎を起こす危険性が高くなります。
この合併症を予防する目的で、手術前に腹式呼吸法を訓練し、呼吸が浅くなっても、自分でしっかりと痰を排出しやすくすることができます。

術後の早期離床を促すことができれば、痰による肺炎の危険性を軽減することに繋がり、低下した体力をより回復しやすくなります。
結果、社会復帰を早めることに繋がります。

化学療法, 放射線治療 とリハビリ

化学療法, 放射線治療 を開始する前から、予防的リハビリを行い、治療開始後も、維持的リハビリを継続的に行う事で、治療中, 治療後の体力低下を予防し、倦怠感の軽減します。

がん その物により、痛み, 吐き気, だるさなどの症状がよく起こります。また、口内炎, 吐き気, 嘔吐, 下痢 などの副作用により食欲が低下して栄養状態が悪くなり、睡眠にも影響を与える様になる場合も多くあります。
さらに、精神的なストレスが重なり、意欲が低下したり、気分がふさぎ込んだりして、心身ともに疲れが溜まりやすくなり、時間を問わずに横になりがちになります。動かなくなる事で、筋力はたちまち落ちて体力も低下し、少し動いただけでエネルギーをたくさん消費してしまうため、一層疲れやすくなります。
そして、疲れるから動かない。動かないから体力が低下すると言う悪循環に陥り、ついには寝たきりになる廃用症候群はいようしょうこうぐんを来してしまいます。

化学療法放射線治療 を受けている患者の多くが、疲労感や運動能力の低下に悩まされており、体力や持久力の低下が何年にもわたり実感する人もいます。
この様な状態を「がん関連倦怠感」とよばれ、近年『がんのリハビリ』の必要性が受け止められる様になってきました。

化学療法, 放射線治療 の期間に、十分にリハビリが介入することにより、この様な悪循環からの脱却をはたす事が期待されています。

積極的な治療を受けられなくなった時期のリハビリ

積極的な治療が受けられなくなった時期にも、それに見合ったがんのリハビリ をうける事ができます。

余命の長さにかかわらず、患者さんに残されている能力をうまくいかし、その時期においてできる限り可能な最高の 日常生活動作(ADL) を実現するためにリハビリを活用します。

がん から分泌される物質が原因で、筋肉の萎縮や筋力の低下が見られるようになります。こうなると、少し動いただけでも疲れるので動かなくなり、次第に日常生活にさらなる制限をもたらす悪循環に陥ります。
リハビリの介入により、筋肉の萎縮いしゅくや筋力低下を和らげ、身体機能の低下をより緩やかにする事も、大きな目的です。

また、呼吸困難に陥りやすくなる患者さんが一定数います。リハビリが介入することで、より楽に呼吸ができる姿勢をとったり、腹式呼吸を訓練するなりして、呼吸を助けます。
この様な、非薬物療法 を用いることで、より安定した呼吸を維持します。
非薬物療法 のメリットは、ポイントを学べばご家族でも取り組み事ができることにあります。
リハビリ医や看護師, リハビリスタッフの指導のもと、より良い環境を整えることが可能です。

必要な取り組み

欧米では、がんのリハビリ運動療法 について、積極的に取り入れる傾向があり、標準治療 の一貫として捉えるべきである。と言う議論も出ていると言うことです。

がん 患者の立場で、この様な取り組みを読み解いていると、治療の効果を手助けしたり、また 副作用 や 後遺症 を和らげると言う目的においても、とても優れた観点なんじゃ無いかと感じました。
しかし、日本での取り組みはまだ極一部であり、未だ研究段階にある様な気がしてしまいます。この様な面でも、欧米に随分遅れている様な印象も受けます。
そう言う意味では、とても残念で致し方ありません。

極一部と言っても、日本でも確実に がんのリハビリ の優位性は認められてるようで、徐々に取り組もうとしている病院もある様です。実際、僕が住む地域でも、対応している病院があることが分かりました。

日本は国土が狭いため、全ての病院で同様に取り組めるとは思えませんが、現在入院患者にのみ開放している、がんのリハビリ が、地域連携の元で他の病院を受診中の人にも開放される様になれば良いな。と願っています。

治療のレベルがあがると共に、こう言った取り組みにも積極的であって欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする