緩和ケアを勧められたら、もう終わりなの

がんにまつわる素朴な疑問

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

緩和ケアを勧められたら、もう終わりなの

がん 治療を続けていると、不意に 緩和ケア を勧められる時があります。緩和ケア と聞くと手の施しようのなくなった末期がん患者に対して、痛みを取るための治療だと思っている人が多いかもしれません。

僕自身も、既に緩和ケアを受けつつ がん と戦っています。当然、末期患者 ではありません。寛解かんかい を目指して治療を重ね、自分ができそうな事に積極的に取り組んでいます。

緩和ケアは、棺桶かんおけ屋 の様な物。と言う思いは、既に古い考え方です。

がん と診断されたその日からはじまるサポート

緩和ケアは、がん と診断された、その日からサポートが始まっても良い。そんな治療です。チーム医療 の中に 緩和ケア の専門家が加わっている事例も少なくはありません。

痛みやだるさだけではなく、不安にも対応する治療

がん になると痛みやだるさ、息苦しさといった様々な身体的な症状が現れてきます。がん 治療のレベルが上がったことで、骨転移 による強い痛みを感じつつ治療にあたっている がん患者は決して少なくありません。

それと同時に、がん になると様々な不安や心理的プレッシャー, 孤独感 などとも戦わなければなりません。特に、なんども 再発, 転移 を経験している人の ストレス は大きな物です。その様な不安や心理的プレッシャーへのサポートも 緩和ケア の大切な役割です。

仕事ができない事への喪失感や、人間関係などへの後悔、「自分は、生きている価値がない人間なのではないか?」と言った悩みも生じます。

これら全てを受け止めるが、緩和ケア の役割です。

この様な、不安感は治療のどの段階から現れるのか、また人生にとってどの程度大きな物なのかは、患者さんそれぞれによって違います。がん の告知を受けて直ぐに落ち込んでしまう人もいれば、転移 を機会に強い不安感を感じる人も居るでしょう。

もし、受診している病院に 緩和ケア チームが存在するのなら、早めに関係を深めて置くことも必要でしょう。不幸にして、その様なチームが存在しない場合には、主治医と相談しつつ適切な専門家の手助けを得ることも必要な判断です。

積極的な緩和ケアは、治療中断に結びつくのでは無いか

積極的に 緩和ケア による治療を受けてしまうと、積極的な治療も緩和されてしまい、短命になってしまうのでは無いか?と不安を持ってしまう人もいます。

元記事によると、

010年に米国の研究グループが進行肺がん(非小細胞肺がん)の患者を対象に、通常の治療を行うグループと、早期から緩和ケアを受けるグループとを無作為に分けて比較する研究を行ったところ、後者のほうが2.7ヵ月長生きしていたのです。しかも、早期に緩和ケアを受けたほうがQOL(生活の質)はよく、抑うつ状態も少ないという結果でした(N Engl J Med 2010; 363:733-742)。

また2015年にも、診断からすぐ緩和ケアを受けたグループと診断から3ヵ月後に緩和ケアを開始したグループを比較したところ、すぐに緩和ケアを受けたグループのほうが1年後に生存している割合が高かったという結果が、米国の研究グループから報告されています(J Clin Oncol. 2015 May 1;33(13):1438-1445)。

むしろ、成績が良くなるケースもあると言う事実を理解しておく必要もあるでしょう。

がん にとって、一番良く無い状態が、ストレス を抱えている状態です。がん はストレスを抱えている状態が大好物なのです。ですから、極力ストレスを軽減することができる方法を取るべきなのです。その方法の1つが積極的な 緩和ケア チームの介入です。

成長過程の緩和ケア

緩和ケア の研究は、全世界的に見てもまだ十分ではなく、現時点の研究結果から、『早期に 緩和ケア を受けた方が長生きする。』と断定する事はできません。
しかし、がん に伴う苦痛や、日常生活の負担が軽減できる事は、積極的な治療を続けていく上でもとても大切なことです。ストレス を抱えた生活は、がん が好む環境を作り出すことも既に分かっている事です。
このことからも、緩和ケア の力を借りることにマイナス要素は無い様に思えます。