総合病院とがん専門病院、どちらを選ぶべき

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

総合病院とがん専門病院、どちらを選ぶべき

がん は専門的で高度な治療が必要な病気です。多くの場合、がん と診断を受けた場合、大学病院 などの大規模な総合病院や、地域のがんセンターなどがん専門病院を受診する方が多いことでしょう。
ただし、地域性の都合で選択肢があまり無い場合や、あまりにも大規模過ぎてしまい、手術療法 以外の普段の診察は受け付けないと言う大学病院も少なくはないので、普段受診する病院の他に、検査のための病院、手術療法放射線治療 のための病院と、いくつかの病院に通わなければならない方も居られることでしょう。

持病があるかがポイントの1つ

がん 以外に、重い糖尿病や心臓病、肺の病気などの持病のある人は、大学病院 などの総合病院を受診するか、複数の病院を受診するか、どちらかを選択するしか無いでしょう。
がんセンターの様ながん専門病院であっても、こうした持病を診る専門医(代謝・内分泌科、循環器内科、呼吸器内科医など)が在籍している場合もありますが、高度な医療と言う意味では、より専門性の高い病院を受診するか、様々な専門医が居る総合病院を選択するのが妥当と言えます。

可能であれば、複数の病院を並行して受診するよりは、1つの総合病院で全ての病を診てもらった方が無難でしょう。病院の中には、その様な患者さんそれぞれの相談を受け付けてくれる窓口もあるので、必要に応じて相談してみる事も必要でしょう。

また、多臓器に 転移 している場合も、総合病院 を受診するメリットは大きい様に思えます。

がん専門病院のメリット

がん専門病院のスタッフは、各種専門分野における、がんの専門家集団ですから、病院一丸となってがん治療に取り組んでいる場合が多いようです。これは、医師だけではなく、がん治療に特化した、高い専門性を持つ看護師が在中しているなど、専門性の高さとしても見いだされるメリットです。

大学病院など総合病院では、がん以外の様々な病状についても、平行的に診察が行われています。特に、大学病院は規模が大きなため、他の診療科のスタッフとの連携が取りづらい面も理解して置く必要があります。最近では、その様な弊害を回避するために、チーム医療 が積極的に導入されている病院もあります。その様な制度があるのかは、病院に問い合わせれば教えてくれますので、心配がある場合には問い合わせて見ることも必要でしょう。

一方、がん専門病院のスタッフは、ほとんどががんの専門家です。またがんのみを扱っていることも、他の診療科や医療専門職の人たちともカンファレンス(症例検討会)などで顔を合わせている可能性も高く、スタッフ間の距離が近いことは、患者にとって大きなメリットです。

それぞれに一長一短がある

大学病院の様な総合病院にも、地域のがんセンターにもどちらも一長一短があり、どちらが優れている。と言う訳ではありません。患者ごとの都合に合わせて選択する事が必要です。
かかりつけ医など、なんでも話せる様なお医者様がいるのであれば、相談して見るのも1つの方法かも知れません。