完治・治癒・寛解の意味の違いがわからない。

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

完治・治癒・寛解の意味の違いがわからない。

がん治療にまつわる言葉には、聞きなれない様な言葉は、似ている様な言葉たくさん出てきて、なかなか理解できない。と言うことがあります。

まず、がん治療の特徴を理解するところから

がん 治療の基本は 手術療法 です。手術療法 により肉眼で見え範囲のがん細胞をすべて切除することができたとした時、がん 以外の病であれば、「完治」という言葉を用いることができます。
しかし、がん の場合には、身体のどこかに微細ががん細胞が残っていて、それがいずれ増殖して、また腫瘍となる場合もあり得ます。これを 再発 と呼びます。

このように、がん には他の病気とは異なると特徴があります。

5年生存率

身体のどこかにあるかもしれない微細ながん細胞を探し出すことは、現在の医学できできません。そのため、術後数年経っても 再発 することがなければ、治ったとみなしても良いだろう。と言う考え方が生まれてきました。
多くのがんでは、術後5年。乳がんに関しては術後10年間 再発 がなかった場合、ほぼ治った物とみなせると言う意味で、寛解かんかい という言葉で言い表します。

このため、がん では5年生存率というデータがとても大切になっています。

完治と治癒の違い

現実的には、完治 と 治癒 に大きな違いはありませんが、がん 以外の病気の様に 手術療法 にて、肉眼で見える範囲の治療を完了した場合に、完治という言葉が用いられ、がん の様に身体に散らばっているかも知れない微小な がん の存在を無視することができない様な場合に、治癒 という言葉を用いるのが適切なのかもしれません。

整理すると

完治, 寛解かんかい, 治癒 という言葉を整理すると、こんな感じでしょうか。

がん 以外の病気で、完全に治療が終了し、『治った』と言える状態。
寛解かんかい
がん で治療が終わってから、5年 または 10年 再発 が無い状態が続いている状態。
治癒
手術療法 などで、肉眼で見た状態で病巣をすべて取り除くことができた状態。