抗がん剤は効くの? 効かないの?

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

抗がん剤は効くの? 効かないの?

手術療法放射線治療 が使用できない場合、また 手術療法放射線治療 の効果を向上させるために行う 集学的治療 として登場するのが、抗がん剤 をはじめとする 化学療法 です。
医師の中には、『自分ががんになったら、抗がん剤 (化学療法) 治療は行わない。』と言う人もいます。本当に、抗がん剤 には効き目があるのでしょうか?

「効く」の意味を知っておくことが大切です。

がん になると、多くの人が 抗がん剤 をはじめとする 化学療法 による治療を受ける様に勧められます。しかし、本や雜誌, ネットなどでは「抗がん剤は効かない」「受けない方がいい」などと主張している医師もいます。
そうした記事を目にしてしまうと、迷ってしまう人も多いことでしょう。

そのようなときにはまず、「何のために抗がん剤治療を受けるのか」を知っておく必要があると思います。抗がん剤治療の目的としては、大きく次の3つがあげられます。

  1. がんの完治をめざす。
  2. 術後の再発を防ぐ。
  3. 延命をめざす。

がんの完治をめざす

主に、白血病や悪性リンパ腫など「血液がん」の場合、完治を目指すために抗がん剤治療が行われます。
血液がんは、抗がん剤が良く効く場合が多いので、抗がん剤でがん細胞が限りなく、無くなった状態に近づける事が目的となります。この様に、がん細胞が限りなく無くなっている状態の事を、寛解 と呼びます。
近年では、抗がん剤の成績も向上しています。そのため、血液のがんの場合抗がん剤治療が第一の選択肢となります。

術後の再発を防ぐ

一方、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなど、腫瘍を作る、いわゆる 固形がん は、抗がん剤だけで 寛解 の状態を目指す事はとても難しいです。最終的に 手術療法放射線治療 で取り除くと共に、身体中のどこかにあるかもしれない微小な がん細胞 を叩く目的で抗がん剤が用いられます。

そのため、術後に腫瘍を小さくする事を目的に 化学療法 が用いられる場合が多くあります。もちろん、手術が可能な状態に持ち込むために、化学療法 を用いた後に、手術療法 を行い、その後再発を予防するために、化学療法 が用いられる場合も多くあります。

また、放射線治療 の効果を高めるために、化学療法 を併用する 集学的治療 がしばしば用いられます。

延命をめざす

がん が進んで 手術療法 を用いる事ができない場合です。体力を失いすぎている、などもこの部類に入ります。がん を完全に治すのは難しいので、抗がん剤によって延命を目指すことが主な目的となります。

また、腫瘍を小さくして呼吸困難などの症状を緩和するために抗がん剤が使われることもあります。

抗がん剤の効果は「効く」「効かない」と短絡的に考えるべきではない

抗がん剤治療を受けるかどうか迷った場合には、まず、何の目的で 化学療法 治療を行うのかを良く理解してから考える事も必要です。その目的をどの程度達成できそうなのか、主治医の意見を聞いてみるのも良いでしょう。

たとえば、術後の再発を防ぐ場合、「100人受けて何人くらいの再発予防が期待できるのか」。延命をめざす場合、「平均して何ヵ月あるいは何年ぐらいの延命が期待できるのか」と言う具体的な目標を確認する事も必要でしょう。
そうした目的や数字を理解しておかないと、「治ると思って受けたのに、苦しいばかりで効かなかった」と言うモヤモヤや主治医への不信感だけが残ってしまうことに繋がるでしょう。

さらに、年齢や体力などに加えて、患者 や家族の命に対する価値観も考慮する必要があります。「わずかでも効果があるなら念のため受けたい」「どんなに苦しくても1日でも長く生きたい」という人がいる一方で、「それくらいの効果なら、副作用で苦しんでまで受けたくない」という人もいるでしょう。
本人だけの思いだけではなく、患者 を支えてくれる家族の思いもある事でしょう。必要であれば、ソーシャルワーカー などの専門家も交えて話し合う必要が出てくるのかもしれません。