副作用のない抗がん剤ってできないの?

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

副作用のない抗がん剤ってできないの?

抗がん剤 と聞くと、『副作用 が大変そう』と思われる方も大勢おられるでしょう。副作用 がない抗がん剤って作れない物なのでしょうか?

抗がん剤 をはじめとする 化学療法 の薬剤には、髪の毛が抜ける、吐き気を催す、口内炎になる、皮膚や発疹やかゆみが出る、手足がしびれる、白血球が減り感染しやすくなるといった副作用があります。

なぜその様な副作用が出てしまうのでしょうか。がん細胞 は、正常な細胞と比べると細胞分裂や増殖の割合が高いと言う特徴があります。化学療法 に用いる薬剤は、そう言ったがんの特徴に着目し作られた物がたくさんあります。
一方で、正常な細胞の中にも、活溌に細胞分裂や増殖を繰り返す細胞があり、化学療法 ではそれら正常な細胞も攻撃してしまうため、副作用が発生する。とされています。一般的には、毛根、皮膚、粘膜、血液をつくっている骨髄の細胞などは活発に活動しているため、これらの部位に副作用がでやすいという特徴があります。

分子標的薬

抗がん剤に近い薬剤の1つに、分子標的剤 と呼ばれる物があります。がん細胞が多く持つ特定の分子をターゲットに作用するようつくられた薬です。2002年に「ゲフィチニブ(商品名イレッサ)」という薬が初登場した際には、がん細胞だけを狙い撃ちするとされ、副作用も少ないと期待されました。

しかし、正常な臓器の中にも、薬のターゲットとなる分子を多く持つ細胞があり、そう言った正常な細胞にも大きなダメージを与えてしまい、「間質性肺炎」の様な重篤な副作用が多発してしまいました。多くの患者さんが亡くなり、薬害裁判にまで発展する悲惨な事態となりました。
ゲフィチニブの場合、間質性肺炎だけでなく、発疹、肝障害、下痢といった副作用も報告されています。

免疫チェックポイント阻害薬

がん細胞は免疫細胞の攻撃から身を守る仕組みを持っています。この仕組に着目し、これを解除して、免疫細胞ががん細胞に攻撃をしかけるよう仕掛けた物が、免疫チェックポイント阻害薬です。攻撃の主体が、患者さんが持っている免疫細胞による物である事から、より自然な免疫系に近いだろうとされています。
2014年に「ニボルマブ(商品名オプジーボ)」という新薬が登場し、肺がんなどで長期延命する患者が出てきた一方で、非常に高額なことが問題となり、マスコミでもよく取り上げられました。

理屈の上では、副作用が少なく、がんの完治を目指せる薬とされていますが、実際のところ、全身のだるさや、皮膚の発疹やかゆみ、吐き気、下痢などの他、稀に間質性肺炎、Ⅰ型糖尿病、肝機能障害、甲状腺機能障害などの重篤な副作用が発生する事が報告されています。
この様な副作用は、免疫が過剰反応し正常な細胞まで攻撃するため起こるとされています。

その他の化学療法

それ以外の 化学療法 薬についても、なんらかの形で副作用が発生してしまう事が分かっています。化学療法 の本来の目的である、主作用 が十分に発揮され、それに伴い 副作用 が発生してしまうと言う状態であれば、まだ良しとできる物の、患者さんの体力や体質によっては、十分な 主作用 を得ることが出来ないのに、副作用 だけが強くでてしまう。と言うケースも存在します。

それでも、化学療法 には価値がある

このように、抗がん剤 をはじめとする 化学療法 薬による治療を受ける限り、少なからず 副作用 を覚悟する必要があります。ただし、以前に比べ吐き気や感染症などを経験する様な 支持療法 が非常に早いペースで進歩しています。そのため、副作用 が軽くすむケースが増えてきました。以前は、入院治療が当然でしたが、外生治療 で済むケースも多くなってきました。
化学療法 による治療を受ける場合、支持療法 をはじめとした対策法もセットで理解することが大切です。