家族ががんにかかった。遺伝しないか心配です

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

家族ががんにかかった。遺伝しないか心配です

以前より耳にしなくなりつつありますが、今でも『癌家系』と言う言葉を耳にする事があります。

親族に がん罹患 した人が多いと、『あなたの家は、癌家系なのる?』などと聞かれてしまう事もあります。そう言われてしまうと不安が募るばかりです。

遺伝性のがんは5%程度

遺伝性のがんの割合は思ったほど大きくなく、全部のがんの5%ほどと言われています。

がん の多くは生活習慣や、環境因子と居った、普段の生活の中から影響を受ける場合の方がはかるに大きいとされています。

生活習慣と言う意味では、食べることが大好きでみんな太っていたり、塩分の濃い味付けを好む食生活をしていたりすると言った具合に、生活因子に関わる物が影響を受ける場合の方が、よる多く影響を受けます。

リンチ症候群, 家族性大腸腺腫症

リンチ症候群は50代未満で発症することが多く、大腸がんに加えて子宮内膜や卵巣、小腸、尿管、腎盂など、さまざまな場所に腫瘍が合併するのが特徴です。
また、家族性大腸腺腫症は大腸や胃、十二指腸などに100個以上のポリープが発症します。

ですから、血縁者に若くして大腸がんになった人が何人もいる場合や、胃腸にポリープができやすい人は消化器の専門医に相談をして、定期的に内視鏡検査を受けるなど注意をしたほうがいいでしょう。

BRCA1, BRCA2遺伝子による、乳がん, 卵巣がん

血縁者に若くして乳がんや卵巣がんになる人が多い場合も、遺伝性のがんの可能性があります。これらは、BRCA1およびBRCA2という遺伝子に変異が認められた場合に発症リスクが高くなることがわかっており、全乳がんや卵巣がんの5~10%がこのタイプと考えられています。