がん検診は受けたほうがいい?

分かっているようで、なにか曖昧ながんに関する素朴な疑問を集めたコラムがあります。
生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らない事、良くわからない事もたくさんあります。医療現場に精通したジャーナリストと専門家によるコラムです。

『がんにまつわる素朴な疑問』

がん検診は受けたほうがいい?

がん検診を受ける事を考える時には、そのメリット, ディメリットを良く考えてから判断すべきである。と著者は述べています。

まず、知っておいたほうがいいのが、現時点で国が勧めているがん検診は「胃がん(胃X線検査または胃内視鏡検査)」、「大腸がん(便潜血検査)」、「肺がん(胸部X線検査および喀痰細胞診併用法)」、「子宮頸がん(細胞診)」、「乳がん(マンモグラフィ)」の5項目に限られているということです。

現在、日本で推奨されているがん検診は上記の5つであり、

国は、これらのメリットとデメリットを考量して、各がん検診の推奨度を決めているのです。現在のところ「利益が不利益を確実に上回る」として、推奨グレード「A」に格付けされているのは大腸がん検診(便潜血検査)しかありません。他の4つは「B」(利益が不利益を上回るがその差は推奨Aに比し小さい)の格付けです。

国が推奨グレードAとしているのは、大腸がん検診(便潜血検査)のみである。と言う事実を良く理解しておく必要があります。

偽陽性, 偽陰性の存在に注意

これは、腫瘍マーカー 検査にも言える事ですが、がん の検診には、本当は陰性なのに、陽性と出てしまう 偽陽性、本当は 陽性 なのに 陰性 と出てしまう 偽陽性 が付きまとうと言う事を理解して置く必要があると言う事があります。

まだ、がん の可能性が十分に掴めていないのに、精密検査 を行う負担を追わせて良いのか?と言う疑問が出てきます。

しかも近年、がん検診の効果が思ったほど大きくない一方で、乳がん検診や前立腺がん検診では、偽陽性や過剰診断が予想以上に多いことを示唆する研究結果が海外から相次いで報告されています。

一部の がん では、早期発見 が出来たとしても、その結果が 偽陽性 であったり、過剰診療 である確率が予想以上に多くなっているそうです。
この様な事実の積み重ねは、短絡的に『がんは怖い』『がん検診は大変』と言う思いを起こす事になり、本当にメリットになっているのか疑問が湧いてきます。

「早期発見」だけがメリットでは無い

がんの早期発見。早期発見すれべ治しやすい。と言う言葉は良く耳にしますし、まったく間違ってはいないとは思えますが、全ての がん に置いて早期発見したとしても、死亡率が下がるとは限らない。と言う事が分かっています。
がん検診におけるメリットは、がんが原因となる死亡率を低下させる事であって、早期発見が本来の目的ではありません。

早く見つけて治療したとしても、その結果、長生きできなければ意味がないからです。

最終判断はご自分で

がん検診にはそれ相当のメリットがあります。それと同時に 偽陽性, 偽陰性, 過剰診断 と言ったディメリットがある事も事実です。この事実と、ご自分のライフスタイルを考えた上で、最終的にがん検診を受けるかどうかを判断するかは、個人の判断に任せられる。という事になりそうです。

よく若いタレントさんが乳がん検診を勧めるニュースがありますが、20代、30代はデメリットが上回るので推奨されていません。がん検診はメリット・デメリットをよく理解したうえで、受けるかどうか各自で判断すべきものなのです。

がん 患者になった身とすると、ディメリットを上回るメリットがある様な気がします。大変な精密検査 を受けたとしても、病気がなければ、とても良かった。早期発見につながれば、もっと良かった。と感じてしまいます。