明日は採血

去年の夏に、肝転移の 確定診断 がついてから、前半戦 4 クール の SOX治療 を受け、去年の12月埼玉医科大学国際医療センター 肝胆膵外科にて、肝臓がんの手術を受けました。

術後、半月ほどの休養をとってから、後半戦 4 クール の SOX治療 を終え、3月に CT 検査などの検査を受けました。

3月の CT 検査で、『肝臓に新しい腫瘍らしき物がある。』と、放射線専門医から指摘がありましたが、僕の担当 腫瘍内科医 は、『これは、腫瘍じゃ無いんじゃ無いかな・・・』と判断、現時点では『再発はしていない。』と言うのが、腫瘍内科医 の判断です。

と言う事で、経過観察 に入りました。明日は、経過観察 に入ってから初めての採血です。来月、その結果が出ます。

懸念材料は、後半戦の SOX治療 を終えてから、体重の伸びが停滞気味である事。
と言っても、もっと長い期間で見ると確実に増えて居るのが、プラス材料。

去年の手術を終えたあたりから、『基礎医学の勉強をしないとダメなんだ。』と言う、なんとも基本的な事に気づき、図書館でいろいろな本を借りては読みふけっています。
そこでつけた知識を元に、健康的に体重を増やす方法を考えて実践中です。その成果も、なんとなく開花し始めているのかな・・・ と思える様になって来ました。(今ところ、『多分』程度なのですが。)
この考え方に間違えがなければ、一時的に減ったとしても、確実に体重が増えて、免疫系も良い状態を維持できる様になるハズ。と、無い頭をフル回転させて、思いふけっています。(一応、看護師さんなどに相談しつつ実践しているので、素人の思いつきとは少し違います。)

体重が増える事が、イコール再発していない事と直結する訳ではありませんが、がん は多くの ブドウ糖 を消費するので、再発していれば、体重は落ちるハズ。と言うのが、体重を中心とした自己管理の根拠になっています。

同時に、体脂肪 と 除脂肪体重 も日々管理し、確実に筋肉が増えている事を確認する様にしています。体重 と 除脂肪体重 が分かれば、体重増加が脂肪や水分による物なのか、確実に筋肉が付いているのかが分かります。

若干の懸念材料を抱えつつではありますが、自己判断では、現在再発はしていない。と言う結論です。
ですので、明日の採血と後日の検査結果確認は、僕の論理が正しい事を確認する事にもなる予定です。

あくまで、予定ですけど。それなりに自信も持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする