がんと経過観察

経過観察の重要性

一般的に、がん経過観察 期間は5年と言われています。5年 寛解 が基本となっています。がん の場合、 再発転移 を早期に発見するために定期的に診察を行う事を指し、他の病気とは違い治療の一環と考える事ができます。

手術後の経過観察の重要性と現状

初発, 再発 を問わず、がん を確実に治療するためには、早期発見がとても大切です。そのために、短い日数での定期検診が重要となります。
通常、がん の手術後3年間は体調の変化や再発・転移の有無を調べるために6カ月に1回は胸部 X線撮影内視鏡CT超音波腫瘍マーカー などの検査を定期的に行います。多くの がん経過観察 期間は一般的に5年とされています。

乳がんの様に、寛解 後5年, 10年経った後 再発 を起こしやすい がん もあります。それ以外の がん であっても、10年以上経過してから 再発 するケースもあります。
がん を画像検査で診断するには、5mm程度の大きさが必要で、手術で取り切れなかった小さな がん が画像検査で発見できる様になるまで、数ヶ月~数年の時間が必要になります。そのため、術後5年程度の間は 経過観察 が必要になります。
顕微鏡で観察しないとわからない様な小さながんを確実に発見する方法はなく、定期的な検診を行う重要性がわかります。

定期検診で異常が発見され、精密検査の必要性を示されても忙しさなどを理由に、精密検査を受けない人もいます。その結果、進行度合いが増し手の付けようが無い状態になる人も少なくないと言われています。

この様な事より、がん の『 完治 』を明確に示す事はとても難しく、『 寛解 』の状態を維持していく必要があります。

場合によってはサードオピニオンも

治療が無事に終わって治療効果があっても、突然不安に襲われることがあります。これも、がん の特徴と言えます。
今後、どうなるか分からい不安や、生活を取り戻す時に生じる、理想と現実のギャップで悩みを抱える人もいます。

転移再発 の不安を抱えるがために、セカンドオピニオン を求める患者も少なくないそうです。がん再発転移 するかどうかもわからない状況で セカンドオピニオン を求められても、医師も一般的な意見しか答えようがなく、患者としても十分な安心感を得ることができず、当初求めていた物とは、全く違う結果を受け不安が増してしまう場合もある様です。

経過観察 中に 民間療法 をためす人も少なくありません。民間療法 といってもさまざまで、インターネットで検索すればたちどころに「治る」商品が掲示され、「成功」した体験談も山ほど出てきます。「100%治る」「絶対に大丈夫」などといった謳い文句を掲げた治療や方法には特に注意する必要があります。

場合によっては、医師を変えサードオピニオンを受け、主治医やセカンドオピニオンで得た結果と併せて判断することも方法のひとつです。

「魔の2週間」をうまく乗り越える

初めてがんの告知を受けた患者さんの多くは「魔の2週間」という時期を経験します。初めの1週間はショックの時期で、次の1週間は不安や抑うつに苛まれる時期です。この2週間を乗り切れば、たいていは現状を受け入れ今必要なことと向き合い、前向きな気持ちになって、治療を受けることにもつながります。

治療が進行していても、「 魔の2週間 」に近い症状に襲わせれことがあります。適応障害うつ病 になる場合もあります。

精神的なケアを行いながら、治療法や使用する薬剤を選択するなどして、適切な治療を選択する必要がある時期です。QOL を十分に意識することもとても大切です。

一日に15分間でも、がんのことを忘れる

この記事以外にも、良く目にします。とても大切なことだと、今の僕には良くわかります。

僕にも経験がありますが、転移した時その事ばかり考えている時期がありまた。それが元で抑圧的になり、妻に精神状態の指摘を受けた事があります。
致し方ない事であるとは、僕にもとても良くわかりますが、それが元で うつ病 などになってしったら、がんの治療どころでは無くなってしまいます。

これは、患者の支える家族の力も大切な事ですが、意図的に別に没頭できる事を見つける事がとても大切です。例えば、料理や手芸でも良いし、ゲームでもパチコンでもなんでも良いのです。一時的に没頭できると言う事が大切です。もし、趣味や楽しむを見つける事ができないのであれば、周りの人と話しをするのも良いでしょう。意図的に面白い話しをして、笑う事ができれば、15分なんてあっと言う間に過ぎています。

単に楽しみを探し出すと言うだけではなく、QOL の向上にも寄与し、体調改善に良い傾向をもたらします。

食事はたのしく

ここからは、元記事とは関係はありませんが、関連しているなと思う事を紹介したいと思います。

特に、末期がんの患者さんを中心に、食事療法として糖分や脂質を避けた食事をとる患者さんがいます。がん は糖分を大量に代謝し増殖することから、糖分やその材料になる物をさける事で、体調維持に繋がるだろうと考えられているのだと思います。
残念ながら、この様な食料療法には十分な根拠がありません。がんと言う病気は長期戦をしいられる病気なので、十分な栄養分を摂ることができないと、他の臓器が悲鳴をあげてしまいます。
がん は治療の影響もあり、抵抗力が極端に落ちてしまいます。その時、十分な栄養分が無いと、別の病気を併発してしまうリスクを高めてしまいます。この様なことから、がん患者にとって食事はとても大切です。

食事は、明日の治療へのモチベーションを維持するための直接的な応援材料になります。そのため、味だけではなく、見た目にも華やかで食事の時間が待ちきれなくなるほどにウキウキ感が伴う事が理想です。食事の時間も、黙って黙々と食べるのではなく、会話を楽しみながらゆっくりと良く噛み、消化器に負担をかけない工夫も必要です。
良く噛むことで、唾液も大量にでるため、心筋梗塞などを予防する効果もあります。

自宅で、経過観察 の時期を過ごすと言う事は、単に自由な時間ができる事とは違います。あくまで治療の一環としての時間であって、十分な娯楽や食事により、QOL を高め体調を維持する事が必要です。睡眠時間を十分にとる事もとても大切なことです。うつ病 を抑制するためにも、睡眠時間の確保は有効だと言う研究もあります。

身体は、とても良くできている

人間の身体は、とても良くできています。がん 細胞は日に数万~数十万できていますが、免疫 機能の力で、問題になる前に退治してくれます。免疫 機能を高めるためには、バランスの良い食事と睡眠がとても大切です。腸内環境を良い状態に維持する事もとても大切な事です。
体調を維持するためには、口腔の衛生に気をくばる事がとても大切です。十分な運動は深部体温を維持するためにも効果的で、消化や 免疫 機能を乱さない効果もあります。

この様に、日々の生活は、全てが体調維持に意味があります。日々の生活を大切にすることで、初期のがん細胞から身体を守ってくれます。
実に、『当たり前』な事の中に、体調を維持するための仕組み学されています。嬉しいな, 美味しいな, ありがたいななどのプラス言葉を多く使う人は、免疫 機能が活性化しやくすくなる事も分かっています、マイナス言葉は抑制物質の生成に繋がり、自分で自分の身体を攻撃する事に繋がります。これも、外敵から身体を守るための仕組みが働き出すためです。

人間の身体は、本当に良くできている事がわかります。、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする